【Diver】CTA(コール・トゥ・アクション)を使いこなそう!

ブロガーマン
コール・トゥ・アクション....なんじゃそれ!!

CTA(コール・トゥ・アクション)は、行動喚起とも呼ばれ、ユーザーに何らかの行動(アクション)を呼びかけることに使われます。

基本的にCTAは、記事の終わりに設定されていることが多く使われています。ダイバーの「CTA機能」は記事ごとにCTAを設置することができるので、非常に便利です。成約率アップに欠かせません。

それでは、ダイバーのCTAは詳しく説明していきます。この記事を読んだら、あなたの記事にCTA(コール・トゥ・アクション)を入れてみてください。

shin
アクションを起こさせる記事は、価値ある記事の指標のひとつですよね!

 

スポンサードリンク

【Diver】CTA(コール・トゥ・アクション)を使いこなそう!

そもそも、CTAには具体的にどういうものが使われるのかというのを下記にその例をまとめました。

CTAでよく使われる例

  • アフィリエイトリンク
  • メルマガ、LINE@
  • お問い合わせ
  • 会員登録
  • 資料請求
  • 自社商品

オウンドメディアやアフィリサイトでよく使われるCTAですが、ブログにもバッチリ使っていけるので、ぜひ使ってみてください。

特に、アフィリエイトリンクやメルマガ、LINE@などはブログでもCTAとして組みやすく、訴求率や成約率アップのキーポイントになります。

それでは、CTAの詳しい設定方法をみていきましょう。

 

CTAの設定方法

ダイバーのCTAの設定は、非常に簡単です。

管理画面CTA新規CTA

ワードプレスの管理画面にある「CTA」から、新規CTAを作成できます。

 

CTAの設定項目


ダイバーのCTAは、CTAの編集画面にカスタムCSSが用意されていて、レイアウトやデザインを自由にいじることができます。

もちろん、そんな難しいことをせずとも、テンプレート入力欄が用意されているので、その項目に入力するだけで、ある程度のCTAが簡単に作ることができます。

それにダイバーには、「入力補助」があるのでレイアウトやデザインも入力補助を使えば、あなたのイメージに近いCTAを作れると思います。

関連記事【Diver】23個の入力補助機能がブログ記事を作るときに便利すぎる

 

CTAの基本項目

  1. 画像位置
    CTAに入れる画像(アイキャッチで設定)の位置を「右・左・上」で設定できます。
  2. CTAカラー
    タイトル、タイトル背景、背景、テキストの色を設定できます。
  3. アイキャッチ画像
    「画像位置」で使う画像を選択できます。
  4. ボタン設定
    ボタンのリンク先、ボタンの名前、「ボタン背景、テキストのカラー設定」を設定できます。
  5. カスタムCSS
    追加したいCSSを入力できます。

 

基本項目を埋めるだけでも、CTAが作れてしまうのがダイバーのすごいところです。

 

CTAの設定例

この記事でも設定してあるCTAです。

このCTAでは、ダイバーの訴求と、僕のブログカテゴリーの「WordPressテーマ「Diver」」への誘導を狙っています。

今回のCTAでは、ボタンリンクを2つ使っていますが、なるべくならボタンリンクを1つに絞ったCTAを作るとコンバージョン率アップにつながる傾向が多いみたいです。色々と検証してみてください。

shin
記事ごとにCTAを設定できるので、とても便利です。

 

フッターCTA

「フッターCTA」は、フッターに広告エリアを設定することができます。ダイバーのCTA機能のひとつで、こちらも合わせて説明します。

チェックDiverバージョン4.6.6ではパソコン表示のみになっています。

上記の画像に矢印マーク先が「フッターCTA」です。

記事執筆段階のDiverのバージョン4.6.6では、パソコン表示のみになっています。トップページのみの表示や投稿ページのみの表示など色々と設定することができます。

 

フッターCTAの設定

管理画面DiverオプションフッターCTA

フッターCTAは、CTA同様に入力欄に書き込むと簡単にフッターCTAを作成することができます。とても便利な機能ですが、フッターCTAは、ユーザーの視認スペースが狭まるので、注意が必要です。ユーザビリティとのバランスを取りながら、設置することをおすすめします。

 

フッターCTAの設定項目
  1. タイトル
    フッターエリアのタイトルを決められます。
  2. テキスト
    フッターエリアの説明文を設定できます。
  3. 画像
    フッターエリアの画像を設定できます(推奨:728×90)
  4. 背景カラー
    背景カラーの設定できます。
  5. 背景透明度
    フッターエリアの透明度を設定できます。
  6. テキストカラー
    テキストのカラー設定ができます。
  7. リンク先URL
    フッターエリアのリンク先のURLを設定できます。
  8. リンク先オプション
    「別タブで開く」のオンオフ。「"rel=nofollow"」のオンオフ
  9. 表示設定
    「全ページ」「トップページのみ」「投稿ページのみ」の3つからフッターエリアの表示設定をおこなえます

 

コール・トゥ・アクションのまとめ

ブログでよく使われるCTA

  • アフィリエイトリンク
  • メルマガ、LINE@

ブログでCTAを使うとなると、メインはこの2種類になると思います。

上手にCTAが使えるようになると成約率や収益性を高めることができるので、ぜひあなたのブログにも取り入れてみてください。

 

Diverの購入はこちら
スポンサードリンク
カスタマイズ性抜群のWordPressテーマ「Diver」

ブログコンテンツが増えてきたならば、当サイトも使用している。圧倒的カスタマイズ性に優れたのワードプレステーマ「Diver」がオススメです。

SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップが見込めます。ブロガーだって、アフィリエイターだって関係なしにオススメのテーマです。

長く愛されるコンテンツ作りを共に歩むなら、「Diver」これで決まりです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事