GoPro「Casey(ケイシー)」アクセサリーケースとしてが持ち運びに最適!

GoProケースを探している人
GoProガジェット達をたくさん、持ち運びたい!そんな収納ケースないかなぁ

 

GoProガジェットをたくさん収納するケースで1番のおすすめは、GoPro純正ケース「Casey(ケイシー)」です。

強固な見た目に反して、柔軟な収納スペースはGoProガジェットを収納するのにうってつけです。ガッツリ撮影ガジェットを持ち運びしたい方におすすめしたい収納ケースです!

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

GoPro「Casey(ケイシー)」アクセサリーケースとしてが持ち運びに最適!

おすすめなポイント
  • GoProガジェットをまとめて収納できる
  • ガジェットに合わせ、スペースをカスタマイズできる
  • ギアを保護し、小降りの雨や雪から中身を保護

    今回、紹介するのはGoPro純正ケースで一番の容量を詰め込める「Casey(ケイシー)」です。

     

    ケイシーのサイズ感

    ケイシーのサイズ感

    ケイシーのウラ面

    ケイシーのウラ面

     

    1枚目の写真の左がケイシーです。右のGoProを比較ように置いてあります。2番目の写真はケイシーの裏側です。わかりにくいですが、ウレタン素材になっています。

    ケイシーは、中身がパッド入りになっていて、GoProやその他のガジェットを守ってくれます。外見はウレタン素材が採用されているので、外からの衝撃を緩衝してくれます。

    もうひとつのGoPro純正ケース「コンパクトケース」同様にガジェットに合わせて、中身の仕切りをカスタマイズできる仕様になっています。

    ケイシー以外にも、おすすめなGoProケースがありますので、気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

    GoProアクセサリーを持ち運ぶのに便利な収納ケースをまとめました【おすすめ4選】

     

    では、ケイシーを詳しくみていきましょう!

     

    ケイシーの基本的な使い方

    ケイシーの中身

    ケイシーの中身

    ケイシーの中身

     

    ケイシーの中身はこのようになっています。ケイシーには右のプルアウトポーチがついてきます。ケイシーの上部のメッシュポケットの部分に入れることができます。

     

    カスタマイズできる仕切りは、短いものが4つ。長いものが1つになっています。

    カスタマイズできる仕切り

    カスタマイズできる仕切り

     

    付属プルアウトポーチの概要

    プルアウトポーチ

    プルアウトポーチ

     

    グレー色のプルアウトポーチですが、これも中々に便利です。

     

    プルアウトポーチの中身

    プルアウトポーチの中身

     

    中は、3層構造になっているので、使い分けができて便利です。僕はUSBケーブルやSDカードを入れたりしています。

     

    プルアウトポーチの裏面はベルトを通せる

    プルアウトポーチの裏面はベルトを通せる

     

    裏側はベルトを通せるようになっているので、アクティブに撮影しているときに、このポーチにバッテリーや予備SDカードやカメラ吹きなどを入れて、ズボンに取り付ければ、かなり撮影のサポートになると思います。

     

    ケイシーの収納の様子

    ケイシーにGoProガジェットを収納

    ケイシーにGoProガジェットを収納

    入っていた中身を出してみた

    入っていた中身を出してみた

     

    僕がケイシーを使っている時に収納しているGoProガジェットたちです。

     

    プルアウトポーチの収納の様子

    プルアウトポーチもケーブルや充電池などをしまったり

    プルアウトポーチもケーブルや充電池などをしまったり

     

    プルアウトポーチには、こんな感じの収納ガジェットです。

     

    コンパクトケースとの比較

    コンパクトケースとの比較

    コンパクトケースとの比較

     

    もうひとつのGoPro純正ケース「コンパクトケース」とのサイズ比較の写真です。コンパクトケースはケイシーよりひと回り小さいサイズ感になっています。

     

    サイズ比較
    • ケイシー:160(縦)×84(幅)×230(横)mm
    • コンパクトケース:130(縦)×64(幅)×195(横)mm

     

    関連記事GoProのコンパクトケースは普段の日常使いに最適【バッグインバッグ】

    ケイシーの主な概要

    • サイズ:160(縦)×84(幅)×230(横)mm
    • 外見ウレタン素材、中身クッション性で緩衝性能が高くガジェットを守ってくれる
    • 撥水加工なので、多少の雨や雪でも大丈夫
    • 仕切りをカスタマイズして、自分の好みにギアスペースを作れる
    • 付属のプルアウトポーチも収納に便利

    GoProを扱う環境下なら、抜群の収納ケースになっています。

     

    【まとめ】GoProケースは、ケイシーで決まり

    ケイシーは、GoPro撮影に必要なガジェットを持ち運ぶのに最適なケースです。

    GoProで撮影するときは、基本は外であることが多いと思うので、撥水加工のケースは突然の雨などの緊急事に対応できます。何より、カスタマイズできる仕切りや付属のプルアウトポーチはかなり便利なので、ぜひ、GoProライフを楽しむために使ってみてください。

     

    ご購入はこちら

    CheckAmazonで「人気なアクセサリーケース」の商品一覧を見る
     

    次に読みたい記事

     

     

    スポンサードリンク
    GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

    GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

    やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

    詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事