ウォータースポーツの必需品!フローティングハンドグリップ「The Handler(ザ・ハンドラー)」

ウォータースポーツ大好きマン
ウォータースポーツを楽しみたいんだけど、おすすめのGoProアクセサリーないかなぁ

GoProは、たくさんのアクセサリーが存在します。

その中から、ウォータースポーツを楽しみたい方が、まず持っておきたいGoProアクセサリーを選ぶなら、フローティングハンドグリップ「The Handler(ハンドラー)」がおすすめです。

海の中に、落としてもしっかり浮かんでくれるので、ウォータースポーツ中でも安心です。さらに他のGoProアクセサリーとも相性がいいので、色々と組み合わせてみましょう。

それでは、ハンドラーを詳しくみていきましょう。

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

ウォータースポーツの必需品!フローティングハンドグリップ「The Handler」

おすすめなポイント
  • ウォータースポーツ好きなら、持っておきたいアクセサリー
  • 水に落としても、浮かび、オレンジ色で見つけやすい
  • クイックリリースベースで他のアクセサリーと組み合わせしやすい

今回、紹介するのはウォータースポーツをする方なら、必需品なフローティングハンドグリップ「The Handler(ハンドラー)」です。

 

ハンドラーの正面

ハンドラーの正面

 

ハンドラーは、GoProをつけた状態でも、水の上に浮かぶことができるハンドグリップです。ですので、ウォータースポーツをしながらGoPro撮影したい方にはオススメのGoProアクセサリーです。

また、水の上でも見つけやすいようにオレンジ色を採用しています。

GoProをつけ外ししやすいように、クイックリリースベースになっているので、他のGoProアクセサリーにすぐに切り替えたり、他のGoProアクセサリーと組み合わせやすいのも特徴的です。

 

ハンドラー以外の海で使えるGoProアクセサリーも知りたい方は、海系GoProアクセサリーをまとめた、こちらの記事を参考にしてみてください。

海遊びで使いたいGoPro防水アクセサリーのまとめ

 

それでは、ハンドラーのセット内容を見ていきましょう。

ハンドラーのセット内容
  • フローティングハンドグリップ(ハンドラー)
  • リストストラップ

それでは、ハンドラーを詳しく見ていきましょう!

 

ハンドラーを詳しくみていこう

ハンドラーは、クイックリリースベースで使いやすい

ハンドラーはクイックリリースベース

ハンドラーはクイックリリースベース

 

ハンドラーは、GoProをつけ外しを簡単にできるように、クイックリリースベースになっています。

 

掴みやすい滑りにくいハンドグリップ

ハンドラーは掴みやすいハンドグリップ

ハンドラーは掴みやすいハンドグリップ

 

ハンドラーは、海で使っていても滑りにくいようなグリップになっているので、手からスルッと落としてしまう防いでくれます。

また、付属にリストストラップも付いているので、さらに安心です。サーフィンなどのアクティビティなスポーツにもおすすめです。

サーフィンやSUPで役立つオススメのGoProアクセサリー

 

ハンドラーは海で浮かんで目立つ色

ハンドラーが海で浮かんでる様子(その1)

ハンドラーが海で浮かんでる様子(その1)

ハンドラーが海で浮かんでる様子(その2)

ハンドラーが海で浮かんでる様子(その2)

 

海でGoPro撮影する場合でも、ハンドラーを使っていれば、万が一、ハンドラーを海に手放してしまっても浮かんでくれます。

しかも、海面でも目立つようにオレンジ色になっているので、すぐに目にとどまるはずです。

 

他のGoProアクセサリーと組み合わせてみよう

バイトマウントの組み合わせは鉄板

ハンドグリップとバイトマウント

ハンドグリップとバイトマウント

ハンドラーにバイトマウントを組み合わせる

ハンドラーにバイトマウントを組み合わせる

 

バイトマウントは、クチに加えながらPOV撮影ができるマウントです。

例えば、サーフィンをする方なら、ハンドグリップで自撮りして、途中でバイトマウントを加えてPOV撮影に簡単に切り替えることができます。

 

関連記事POV撮影にうってつけ「バイトマウント+フローティー」【サーフィンにも相性バッチリ】

シュノーケルするなら、ダイビングライトとも

ハンドラーとダイビングライト

ハンドラーとダイビングライト

 

せっかく、シュノーケルで海に行ったのに、その日が曇りだと、太陽の光量が少なくて、海の中がうす暗いって場合があると思います。

そういった時は、海の中を照らしてくれるダイビングライトがあると、うす暗い海の中でもシュノーケルを楽しめるので、おすすめです。

 

ハンドラーとダイビングライトとGoPro

ハンドラーとダイビングライトとGoPro

裏面

裏面

 

明るさは、300ルーメンなので、スキューバダイビングをする方は、もっと光量が出るものを選びましょう。

 

おすすめのサードパーティ:MyArmorの防水ハンドグリップ

左:ハンドラー 右:MyArmorの防水ハンドグリップ

左:ハンドラー 右:MyArmorの防水ハンドグリップ

ハンドラーとの比較
  • 価格がやすい
  • GoProのマウントはスクリューネジ
  • グリップ内に収納スペースがある

GoPro純正アクセサリーより、安価で購入できるサードパーティ製のアクセサリーでおすすめはMyArmorの防水ハンドグリップです。

ハンドラーと違い、マウントベースはスクリューネジで固定するタイプになっています。人によってはこちらの方が使いやすかったりします。

また、グリップの底部が開けれるようになっているので、そこに鍵などを収納できるスペースがあります。

 

グリップ内に収納スペース

グリップ内に収納スペース

 

水が入らないように、防水リングを使っているので、収納スペースに水が入ってくることはありません。

 

【まとめ】ウォータースポーツに必須なハンドラー

ハンドラーは、ウォータースポーツを楽しむ方には、おすすめのGoProアクセサリーです。

他の海で活躍するGoProアクセサリーとも相性がいいので、あなただけの組み合わせを見つけて、最高のGoPro撮影にチャレンジしていきましょう!

ご購入はこちら

CheckAmazonで「人気な防水ハンドグリップ」の商品一覧を見る

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事