失敗しないGoProにオススメのmicroSDカードの選び方
GoPro初心者さん
microSDカードって種類がたくさんあって選べない。どれを選べばいいの?

GoProの撮影データを記録するために必要な「microSDカード」。これはしっかりGoProの動作確認が保証済みのmicroSDカードを選ぶことが大切です。

GoProに合わないmicroSDカードを使ってしまうと、映像がしっかり保存されていなかったり、エラーが起きてデータを確認できなかったりと、色々、不便なことが起きてしまいます。

そうならないためにも、GoProが動作保証しているmicroSDカードを選びましょう。今回は、GoPro推奨の3種類のmicroSDカードを紹介します。

 

本記事の内容

  • GoPro推奨の3種類のmicroSDカードの紹介
  • 海外パッケージと国内正規品の違い

ちなみに、最初のmicroSDカードの容量は64GBがおすすめです。64GBくらいあるとGoProを思いっきり楽しめます。

2枚目以降は、その最初の1枚を基準にして、容量を増やすもいいし、SDカードのグレードをあげてもいいと思います。

それでは、失敗しないGoProにオススメのmicroSDカードの選び方をみていきましょう!

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

失敗しないGoProにオススメのmicroSDカードの選び方

結論:GoProが公式で動作保証しているmicroSDカードを使う

GoProが動作保証しているmicroSDカード
  • SanDisk(サンディスク、アメリカのメーカー)
  • Sumsung(サムスン、韓国のメーカー)

始めに結論を言ってしまうと、GoProが公式で動作保証していて、推奨しているmicroSDカードを使う。これが間違いないです。

microSDカードは、GoProの映像や写真のデータを保存する大切な部分を担っているので、公式で保証されているmicroSDカードを選ぶことが大切です。

安いmicroSDカードだと撮影したデータを読み取れなかったり、エラーが起きてmicroSDカードを認識しなかったり、最悪、GoProの故障の原因になってしまう可能性があります。

データ保管のストレスをなくすような撮影環境作りが、GoProを楽しむための一歩になります。

それでは、GoPro公式で推奨されている3種類のmicroSDカードをみていきましょう。

 

SanDisk Extreme

GoPro定番のmicroSDカード。迷ったらコレ!

海外パッケージ:32GB64GB128GB
GoPro公式:32GB64GB

SanDisk Extremeは、GoProが推奨するとてもスタンダードなmicroSDカードです。

SanDisk Extremeは、GoProによって互換性は保証されています。また、アクティビティ環境下での撮影が多いGoProですが、SanDiskのこのmicroSDカードは、動作温度範囲 -25℃~85℃ という、ほとんどの気候で使用可能になっているので、安心して撮影を記録することができます。

 

Sumsung EVO Plus

3種類の中で一番安価!容量多く取りたい、microSDカードを複数持ちしたい人におすすめ!

正規代理店保証品:64GB128GB

Sumsung EVO Plusは、GoPro推奨のmicroSDカードの中でも、安価で手に入ることができます。

SanDisk EtremeやExtreme Proに比べると、読み込みスピードや書き込みスピードは、若干劣りますが、予算内で容量を多いものを選んだり、複数枚microSDカードを持ちたい方にオススメのmicroSDカードです。

 

SanDisk Extreme Pro

プロ向け!本格的にGoProで映像制作をしたい方におすすめ!

海外パッケージ:64GB128GB
代理店(タジマ):64GB128GB

SanDisk Extreme Proは、GoProを使って仕事をしたい、もしくはそれに準ずるプロ向けのmicroSDカードです。

SanDiskのグレードの中でも、読み込みスピードや書き込みスピードが最高級なので、映像制作をしてる方には、オススメのmicroSDカードです。

 

Amazonで見かける。海外パッケージ(並行輸入品)と国内正規品の違い

microSDカード以外にも、アマゾンでは「海外パッケージ(並行輸入品)」と「国内正規品」という文字が商品名に入ってるものがあると思います。

同じ商品でも、海外パッケージと国内正規品では、値段が違うのってなんでだろう?って思いますよね。これは、「流通経路の違い」によって生まれています。

流通経路の違い
  • 海外パッケージ(業者や個人の買い付け) → ネットショップや個人店
  • 国内正規品(正規の流通経路) → 代理店や家電量販店

 

海外パッケージは、ニセモノや模倣品の混入している場合があります。また、メーカー保証はないものと考えたほうがいいです。購入の際にはそれらを知っておくことが大切です。しかし、流通経路の入る業者が少なく済むので、その分販売価格を抑えることができます。

国内正規品は、「メーカー→卸売→小売」といった正規の流通経路で商品を販売しているので、商品がニセモノや模倣品である可能性も限りなく少なく、万が一、ニセモノや模倣品であった場合の保証やサポートが充実しています。しかし、値段はお高めです。

 

海外パッケージと国内正規品で、それがニセモノでなければ、商品の差はないものなので、海外パッケージと国内正規品のメリットとデメリットを考慮して、選んでみてください。

僕は、基本的に海外パッケージでmicroSDカードを購入してきましたが、今のところ、ニセモノに当たったことはないです。クチコミには、まれにニセモノを摑まされた方もいるみたいですが、かなり少数派です。

海外パッケージを買って失敗したくない方は、国内正規品を扱っている代理店や家電量販店で、microSDカードを購入しましょう。

 

本見出しは、「マイクロSDカード|海外パッケージ(並行輸入品)と国内正規品の違い」を参考に書かせてもらいました。より深く海外パッケージと国内正規品の違いを知りたい方は、こちらの記事を読むことをおすすめします。

 

お持ちのmicroSDカードがGoProに対応してるかチェック

あなたが、microSDカードをお持ちでしたら、そのmicroSDカードがGoProに対応してくれているか、GoProの公式サイトでチェックできます。microSDカードを持っている方は、一度確認してみましょう。

【GoPro公式】GoProカメラで動作するSDカード

 

microSDカードの容量での撮影時間

32GB 64GB
写真(12MP) 約12000枚 約24000枚
4K(4K-40fps) 約1時間 約2時間
フルHD(1080-60fps) 約2時間 約4時間

Protune設定などを使うと、使う容量が増えるので、撮影できる時間や撮れる写真の枚数は減ってしまいます。およその目安の数字として参考にしてください。

 

まとめ:失敗しないmicroSDカードの選び方

GoProが推奨しているmicroSDカードを使おう

僕的にオススメのmicroSDカードの容量は64GBです。

ひとまず、これだけあるとGoProで思いっきり楽しめます。SDカード選びは、なるべく国内正規品がオススメですが、予算的に厳しい方は海外パッケージも視野に入れてもいいかもしれません。それでは、microSDカードをしっかり選んで、GoProでの楽しい日々を記録していきましょう!

 

関連記事 まず見てもらい!GoProの魅力的な映像作品集【おすすめの動画まとめ】

関連記事 GoPro写真撮影のアイディア【ゴープロ基本の構図術】

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事