GoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」|アウトドアから日帰り撮影旅行に大活躍

GoPro大好きマン
GoPro用の専用バッグが欲しい!!!

GoProを使っていると、アクセサリーが増えて、「しっかり整理してアクセサリーを収納して、撮影旅行に出かけたい!」っていう気持ちになると思います。

そこで、オススメなのがGoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」です。内容量は18ℓなので、日帰りの撮影旅行なら、十分に楽しめるスペースに加え、GoProとの相性がバッチリのスポーツバッグなので、撮影をしっかりサポートしてくれます。

しかし、シーカーは中々の価格なので、手が出しづらいと思います。GoProのサブスクサービス「GoPro Plus」を利用するとシーカーのみならず、ほとんどのアクセサリーが半額で買えるので、シーカーを欲しいと思っている方は、「GoPro Plus」を利用しましょう。

GoPro純正のアクセサリーやマウントをおトクに購入する買い方【GoProPlus活用術】

 

それでは、GoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」を詳しく見ていきましょう!

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

GoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」|アウトドアから日帰り撮影旅行に大活躍

おすすめなポイント

  • 撥水加工、クッション性、通気性抜群で、あらゆる天候に対応
  • 内容量は18リットルで、日帰り旅行には十分
  • GoProアクセサリーとの相性が素晴らしい

 

今回、紹介するGoProガジェットはGoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」です。

GoProのスポーツバッグ「シーカー」

GoProのスポーツバッグ「シーカー」

GoProの側面

GoProの側面

 

GoProのスポーツバッグ「Seeker(シーカー)」は、GoPro好きの人にオススメのデイパックとしても使えるスポーツバッグです。

GoProが出しているスポーツバッグなので、GoProとの相性はバッチリです。内容量は18ℓなので、日帰りの撮影旅行にもうってつけです。撥水加工なので、しっかり中身を雨から守ってくれます。

ショルダーやチェストにGoProを取り付けられるので、POV撮影もお手の物です。また、ノートパソコンやハイドレーションパックを収納できるポケットも準備されています。

 

シーカーの機能面を一覧です。

シーカーの詳細まとめ
  • 撥水加工で、多少の雨天でも平気
  • カスタマイズ可能なライナー付きコンパートメントはGoProを最大5台まで収納
  • 取り外し可能なチェストマウント
  • 調節機能付きショルダーマウント
  • ノートパソコンやハイドレーションパックを収納するポケットがある
  • サイドポケットに、3-wayやエルグランデを付ければ、肩ごし撮影も可能
  • 内容量18ℓ
  • 寸法: 50.8cm x 29.2cm x 22.9cm

 

はじめに:イントロダクションビデオ

 

GoPro公式のシーカーのイントロダクションビデオです。

シーカーを背負って、自然を楽しんでる映像です。GoProとシーカーの魅力が詰まって映像なので、必見です。それでは、シーカーの詳しくみていきましょう。

 

Seeker(シーカー)を詳しくみていこう!

各種ポケット、パーツをチェック

シーカーのフロント部分

シーカーのフロント部分

シーカーのリヤ部分

シーカーのリヤ部分

 

シーカーは、登山などのトレッキング向けに、しっかりチェストストラップやウエストベルトが付いています。

また、リヤ部分にはノートパソコンやハイドレーションパックを入れるスペースがあるので、出先で映像編集したい方にも対応しています。

 

トップポケットはGoPro用の収納スペース

GoProが最大5台収納でき、カスタマイズもできるコンパートメント

GoProが最大5台収納でき、カスタマイズもできるコンパートメント

仕切りをお好みに合わせてカスタマイズ

仕切りをお好みに合わせてカスタマイズ

 

トップポケットは、GoPro用のポケットになっています。

GoProが最大5台まで、収納でき、仕切りはカスタマイズして、その日の撮影に合わせて、必要なアクセサリーを収納できます。

インポケットには、バッテリーやマイクロSDを入れておくのがオススメ!

 

シーカー専用のチェストハーネス

シーカーのチェストハーネスを使っている様子

シーカーのチェストハーネスを使っている様子

 

シーカーは、付属で専用のチェストハーネスがついてきます。気軽にPOV撮影ができます。また、チェストハーネスは単体でもありますので、気になる方はチェック。

どんなアクティビティにも快適装着!GoProチェストマウント「Chesty(チェスティー)」

 

チェストハーネスは、メインポケットのインポケットに入っています

チェストハーネスは、インポケットに入っている

チェストハーネスは、インポケットに入っている

チェストハーネスを取り出してみた

チェストハーネスを取り出してみた

 

チェストハーネスは、シーカーのメインポケットの1番大きいインポケットに入ってます。収納スペースをより確保したい方は、ハーネスを取り出して、その部分にしまってみるのもありですね。

 

ショルダーマウントが便利

シーカーのショルダーにGoProをマウント

シーカーのショルダーにGoProをマウント

 

シーカーのショルダーには、GoProの脱着が簡単できる用にクイックリリースマウントになっているので、ここにGoProをマウントして、POV撮影ができます。

このショルダーマウントの部分は、シーカーの中でもお気に入りのポイントで、ここにGoProをマウントしておけば、撮影したいタイミングに簡単に手元にGoProを持ってこれるというところです。

サイクリングやハイキング、トレッキングなどは常に手にGoProを持っておくのはシンドイですし、撮影のタイミングにわざわざリュックからGoProを取り出すのもひと手間です。

しかし、ショルダーにGoProをマウントしておけば、邪魔にならない上に撮影したいタイミングにすぐにGoProを持ってこれるのは便利です。

 

ショルダーのゴムにショーティー

ショルダーのゴムにショーティーを通す

ショルダーのゴムにショーティーを通す

 

ショーティーくらいのサイズのハンドグリップなら、このようにショルダーのゴムに通すことができます。

これなら、GoProをすぐに取り出すこともできますし、すぐにしまうこともできます。旅先の撮影に非常に便利です。

 

メインポケットは日帰り撮影には十分なスペース【デイパック感覚】

メインポケットの最大で半分まで開きます

メインポケットの最大で半分まで開きます

 

メインポケットの収納スペースを見ていきましょう。まずは、先ほど紹介したチェストハーネスを入れるポケット。

 

クッション性が高いポケット

クッション性が優れたポケット

クッション性が優れたポケット

 

チェストハーネスのポケットのすぐ下にクッション性が優れたポケットが用意されています。僕は普段からよく使うトラベラーズノートを入れてますが、iPadなどの薄いガジェットを入れるのもありですね。

 

小さいポケットが2つ

小さい収納ポケットが2つ

小さい収納ポケットが2つ

 

小さい収納ポケットが2つあります。ここにはペンなどを入れるのに最適です。

 

メインポケットに実際に収納した様子

完全夏仕様の荷物

完全夏仕様の荷物

 

海パンやタオルに半ズボンに水筒という完全に夏仕様なものをパッキングです。

GoPro用ポケットだけでは、必要なアクセサリーが収納できないと思うので、バッグインバッグ用のケースもあると撮影がスムーズになるのでオススメです。

今回、僕が使ったのはコンパクトケースですが、ケイシーもしっかり収納できます。

GoProアクセサリーを持ち運ぶのに便利な収納ケースをまとめました【おすすめ4選】

 

パッキング

衣類しっかりしまえました

衣類しっかりしまえました

コンパクトケースも入れて完璧!

コンパクトケースも入れて完璧!

 

先ほど、紹介した衣類くらいの容量であれば、しっかりシーカーに収納できます。日帰り分であればシーカーでも十分くらいだと思います。

 

サイトポケットにGoProアクセリーを

水筒などは右サイドポケットに

水筒などは右サイドポケットに

左サイドポケットは、フックが付いているので長いアクセサリーを収納できる

左サイドポケットは、フックが付いているので長いアクセサリーを収納できる

 

の水筒は右ポケットに。

左ポケットは、GoProのアクセサリー「3-way」や「エルグランデ」を収納して、フックで止めることができます。三脚も入れられますよ。

ですので、3-wayやエルグランデにGoProをつけて、撮影すれば肩ごしのGoPro映像を撮影することもできます。

 

サイドポケットのエルグランデからの肩ごし撮影

シーカーの肩ごしショット

シーカーの肩ごしショット

 

左サイドポケットに「3-Way」や「エルグランデ」を入れれば、このような肩ごしからの撮影が可能です。肩ごしの撮影は、ひとりだと中々できないので、便利です。

 

サイドポケットのエルグランデの様子(その1)

サイドポケットのエルグランデの様子(その1)

サイドポケットのエルグランデの様子(その2)

サイドポケットのエルグランデの様子(その2)

 

左のサイドポケットは、2つのフックが付いているので、がっちり固定することができます。小さめな三脚であれば、ここに収納できます。

 

関連記事GoProとの相性バッチリ!最大97cmの延長ポール「El Grande(エルグランデ)」【自撮り棒の上位クラス】

三脚も収納可能

左サイドポケットは三脚も収納可能

左サイドポケットは三脚も収納可能

 

フック付ゴムは、伸びる範囲が決まっているので、三脚のセンターポールにうまく通すとしっかりと固定してくれます。

 

出先で編集!ノートパソコンも持ち運べる

15インチのノートパソコンまで収納できます

15インチのノートパソコンまで収納できます

 

出先で、GoProの映像を編集したい方には嬉しい。ノートパソコン用のポケットが用意されてます。これで、気軽の出先のカフェなどでGoProの映像を編集できます。

 

リヤ部分にノートPCを収納できるスペース

リヤ部分にノートPCを収納できるスペース

13インチのMacbookもすっぽり

13インチのMacbookもすっぽり

 

ノートパソコン用のポケットは、ノートパソコンにダメージがいかないようにしっかりとした作りになっています。

 

ハイドレーション用ポケット

ハイドレーションパック

ハイドレーションパック

 

ハイドレーションパックって何!?

って方がいると思うので、簡単に説明します。ハイドレーションパックとは、リュックに給水できるパックを入れて、チューブで吸って水分補強できるハイドレーションシステムで使われる給水パックのことです。

登山やサイクリングで使われることが多いアイテムです。シーカーは、このハイドレーションシステムにも対応しているバッグです。

 

ノートPCを入れるリヤポケットにハイドレーションパックを入れすスペースがある

ハイドレーションパックをリヤポケットに収納

ハイドレーションパックをリヤポケットに収納

ハイドレーションパックは、2ℓまで対応しています。今回、使っているハイドレーションパックは2ℓです。

ノートパソコンをしまえるリヤポケットは2つに別れていて、もう片方にハイドレーションパックを収納できるスペースがあります。

一応、リヤポケットは撥水加工になっているので、ノートパソコンに水がかかるのは、極めて低いですが、安全を考慮すると2つを同時にしまうのはリスキーなので、やめておくのが無難です。

 

チューブ用の穴があります。

チューブを専用の穴から通す

チューブを専用の穴から通す

 

チューブを通す専用の穴があるので、しっかりファスナーをしめることができます。

 

ショルダーのゴムに通せば、ハイドレーションシステム完成

ショルダーのゴムにチューブを通す

ショルダーのゴムにチューブを通す

 

あとは、ショルダーのゴムにチューブを通せば、ハイドレーションシステムの完成です。これで登山やサイクリングなどで簡単に水分補給がまかなえます。

 

【まとめ】シーカーはGoPro好きにオススメ!

シーカーは、GoPro愛好家には素晴らしいスポーツバッグで、GoProの撮影をかなりサポートしてくれますが、価格がなかなか高いので、手が出しづらいと思います。

しかし、GoProでは、GoProのアクセサリーを半額で買えるサービスをしているので、シーカーを本気で買いたい!と思ってる方はそのサービスを使うことをオススメします。

GoPro純正のアクセサリーやマウントをおトクに購入する買い方【GoProPlus活用術】」をしっかりこちらの記事を読んで、GoProアクセサリーを半額で買って、浮いたお金は撮影費に回しましょう!

製品仕様
シーカーの詳細まとめ
  • 撥水加工で、多少の雨天でも平気
  • カスタマイズ可能なライナー付きコンパートメントはGoProを最大5台まで収納
  • 取り外し可能なチェストマウント
  • 調節機能付きショルダーマウント
  • ノートパソコンやハイドレーションパックを収納するポケットがある
  • サイドポケットに、3-wayやエルグランデを付ければ、肩ごし撮影も可能
  • 内容量18ℓ
  • 寸法: 50.8cm x 29.2cm x 22.9cm

 

ご購入はこちら

CheckAmazonで「人気なGoPro用のバックパック」の商品一覧を見る

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事