Uber Eats配達パートナーとは?配達員の仕事内容や給料(報酬)制度を解説します

Uber Eats配達員をするか悩んでいる人
Uber Eats配達員って、一体どういう仕事をやるんだろうか?給料はどういう風にもらえるんだろう

 

昨今、Uber Eatsのようなフードデリバリーサービスが増えてきました。

それに伴い、Uber Eatsの配達員をやってみたいと興味を持つ方も増えてきています。配達員はどういった仕事内容なのか、給料などの報酬はどのように決まって、どのように支払われるか、Uber Eats配達員の経験を持つ僕がわかりやすく解説します。

 

本記事の内容

  • Uber Eatsとは
  • 配達員の仕事内容
  • 配達員の報酬内容

自由度がかなり高いお仕事になっていますが、それなりのデメリットもございます。今回はそれらを踏まえ、Uber Eats配達員がどのようなお仕事なのかを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

Uber Eatsとは?

そもそも、Uber Eatsとはどのようなサービスかを簡単に説明します。

Uber Eatsは、Uber Eatsに加盟しているお店に料理の注文して、その商品を配達員が配達先まで運んでくれるフードデリバリーサービスです。

フードデリバリーサービスは、最近成長が著しく、Uber Eats以外にも、出前館menuDiDi Foodなどたくさんの企業が市場に参入してきています。

まだ、Uber Eatsを利用してないで配達員に興味ある方は、一度、Uber Eatsを利用してみるといいでしょう。Uber Eatsは注文者にアプリを通して、配達員の動向をチェックできるようになっています。

一度、注文者側を経験しておくことで、どのように注文サイクルが回っているかイメージしやすくなるので、のちのUber Eats配達員として役立つと思います。

Uber Eatsの注文の仕方や登録をわかりやすく説明します【自宅にいながらお店の料理を注文しよう】

 

Uber Eats配達員の仕事内容

  • 注文者がUber Eatsアプリで商品を注文
  • お店側が商品を作り、配達員がお店から商品を受け取り、指定された住所まで運ぶ
  • 注文者に商品を受け渡す

Uber Eats配達員は、お店から商品を受け取り、指定された住所まで商品を運び、その商品を注文者に渡すまでが仕事内容になっています。

 

配達員として出勤する方法

Uber Eats配達員の出勤方法もすごく簡単です。

Uber Eats配達員の登録を済ませ、あとは専用のアプリで「出発」ボタンをタップするだけでいつでもUber Eats配達員として稼働することができます。

 

  • 出勤方法①:Uber Eatsドライバーアプリを起動させ、「出発」ボタンをタップ
  • 出勤方法②:マッチングしたら、商品をお店に受け取りに行く

ドライバーアプリを起動して、「出発」ボタンをタップするだけで、対応エリアであれば、いつ何時に働こうか自分で決められるのがUber Eats配達員の自由な働き方と言われる由縁です。

 

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver - ドライバー用

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Uber Eats配達員登録は、上記のアプリで登録したり、公式サイトで配達員登録をすることができます。

Uber(ドライバー登録の公式サイト)

 

配達員になるのに必要な提出書類

Uber Eats配達員になるには、配達するときに使う車両を登録する必要があります。

自転車で配達する場合は、提出書類は少ないですが、原付や125ccを超えるバイク、または軽貨物車両によって必要な書類が変わってくるので、下記でお確かめください。

 

登録車両 必要書類

軽貨物またはバイク(125cc超)
・18歳以上
・運転免許証
・自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
・自動車損害賠償責任保険の証明書
・任意保険または共済保険の証明書
・ナンバープレートの写真
・プロフィール写真
原付バイク(125cc以下) ・18歳以上
・運転免許証
・自賠責保険証
・ナンバープレートの写真
・プロフィール写真

自転車

・18歳以上
・身分証明書
・プロフィール写真

 

提出する書類は、Uberドライバーアプリか、公式サイトで行えます。アプリの方が必要な写真を撮影してアップロードするだけなので、手間がかからず楽ちんです。プロフィール写真もスマホで撮影可能です。

 

125ccを超えるバイクは、緑ナンバー申請が必要なので、緑ナンバーを取得しておきましょう。管轄の運輸支局輸送窓口にて以下の書類を提出するだけで、緑ナンバーに変更できます。

【Uber配達パートナー】125cc超のバイクを緑ナンバーにする手続きの方法

 

  • 貨物軽自動車運送事業経営届出
  • 運送料金設定届

全国運輸支局

また、一度車両登録すると、変更するのに時間がかかります。

例えば、自転車と原付の両方を持っている場合、配達に使う車両で登録しましょう。配達するのは原付で、登録を自転車にしておくのは、Uberドライバーの規約に反しているので、見つかった場合、最悪アカウントが永久停止になってしまうことがあります。

しっかり、稼働する車両を登録しておきましょう。

shin
登録車両によって配達距離が違います。これを利用して、自転車登録で、実際の稼働は原付で行う。これはNGなのでお気をつけて!

 

Uber Eats配達パートナーの登録方法の流れと必要な書類

 

配達員としてその他に必要なもの

  • 銀行口座
  • スマホホルダー
  • ウーバーバッグ

その他に配達員として、最低限必要なものをピックアップしました。

銀行口座は、Uberから報酬を受け取るのに必要です。自転車やバイクで配達する場合は、車両に取り付けられるスマホホルダーを購入しておきましょう。スマホ片手に配達するのは非常に危険です。

ウーバーバッグは、商品を入れるUber専用のバッグです。元々は、Uberのサポートセンターで受け取ることができましたが、コロナの影響で現在はアマゾンで購入(4000円)することになっています。

Uber Eats配達員をやめるときに、ウーバーバッグをサポートセンターに返却すれば、4000円は返金されます。

Amazonのウーバーバッグ購入ページ

 

Uber Eats配達員が揃えておくと便利なグッズを紹介します【最低限必要なアイテム】

 

配達員の仕事の流れ

  • ①配達の準備
  • ②Uberドライバーアプリを起動
  • ③お店からの「配車リクエスト」を受ける
  • ④お店から商品を受け取る
  • ⑤お客さまの家に向かう
  • ⑥お客さまに商品を渡す

配達員の仕事の流れはこのようになっています。シンプルでわかりやすい仕事内容なので、より効率的に配達回数を増やすことが収入に直結していきます。

仕事内容の詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

 

Uber Eatsを初めて配達するときの具体的な流れと注意点

 

Uber Eats配達員の給料の支払いはどのように行われるのか

配達員に支払われる報酬は、週単位で支払われます。

  • 月曜日の午前4時が配達報酬の締め日
  • 翌週の水曜日あたりに入金されます

配達報酬の支払いは、月曜日の午前4時が締め日となり、次の週の水曜日あたりに支払われます。この「水曜日あたり」というのは、Uberからの支払いは海外銀行から支払われるので、海外で祝日や休日に当たる日程の場合、前後1日ほど入金のずれがあります。

 

Uber Eatsの報酬は「給料」ではないというお話

Uber Eatsと配達員は、雇用されたアルバイトの関係ではなく、個人事業主として、配達を業務委託されている関係です。

 

給料とは、会社で働く会社員などが労働の見返りとして、事業主から支払われるすべてのもの(諸手当を含む)と定められています。

労働基準法などの労働法では「賃金」、健康保険法などの社会保険では「報酬」とも呼ばれます。

会社員が実際に支給を受ける給料では、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料)、雇用保険料、所得税、住民税などが差引かれており、差引かれた後の給料を手取り給料とも言います。

出典:コトバンク|給料

 

ですので、Uber Eatsで手にした報酬は、課税処理されていないので、ご自身で確定申告をする必要があります。確定申告と聞いて、「めんどくさいなぁ」と思う方は多いでしょう。

しかし、昨今は個人事業主としての働き方も増えてきており、その際には確定申告は欠かせません。これを機会にしっかり確定申告をマスターするのもひとつのスキルアップとして身に付けてしまいましょう。

とはいえ、手書きでレシートなどの経費や報酬の収入を管理するのは、とても大変なので、僕も使っているクラウド会計のマネーフォワードfreeeといったものを使うとかなり簡単に確定申告できるので、おすすめです。

 

Uber Eats配達員のメリット&デメリット

ここで一旦、Uber Eats配達員のメリットやデメリットをまとめてみます。

 

配達員のメリット

  • 仕事のシフトはなく、好きな時間やタイミングで働ける
  • 普段行かないお店や、知らない土地に足を運ぶことになるので、新しい景色をみれる
  • 人間関係があまりなく、コミニュケーション疲れしている人におすすめ
  • 報酬が週単位なので、お金がすぐに手元に入ってくる

Uber Eats配達員の最大のメリットは、好きな時間やタイミングで働けることにあります。

それに加え、色々な場所に出向く必要があるので、普段知らない街の景色をみれることでしょう。また、上司などもいないので、気軽に働けるのもメリットのひとつです。

 

配達員のデメリット

  • 自分で必要なものを揃えないといけない(乗車車両や装備品)
  • 確定申告が必要
  • 上司などがいないので、自分ひとりで仕事を覚えないいけない
  • 商品の受け取り先や配達先でのトラブルは自分で対応しないといけない
  • フードデリバリーの市場の動き方によっては、報酬単価が下がるかもしれない

配達員をする際に障壁になるのは、確定申告でしょう。

難しいと思われがちですが、手順をちゃんと踏めば、それほど難しいものではないので、今回を機会にぜひチャレンジしてみてください。本ブログでもしっかり解説していきます。

あとは、初めての配達ですね。Uber Eats配達員には上司や仕事のやり方を教えてくれる先輩がいないので、(知人が配達員をしているなら教えてもらいましょう。)自分で仕事をイチから覚えるしかありません。

しかし、業務内容は難しいことではないので、10回も配達業務を行えば、慣れてくるので、一度飛び込んでみましょう!

 

【まとめ】

Uber Eats配達員は、しっかり稼働すれば、アルバイト以上の報酬を受け取ること可能性が十分にあるお仕事です。

個人事業主扱いので、その分色々とやらないといけない業務も増えますが、かなり時間の融通がきくお仕事なので、ぜひ、お客様に美味しい料理と素敵な笑顔を配達してみてください。

 

次に読みたい記事

 

 

スポンサードリンク
おすすめの記事