【波照間島】曇り空でも、色褪せない「ハテルマブルー」

こんにちは、shinです。

今回は、最近Goproを購入したshou(@shou4034)が石垣島に旅行なさったとのことで、ぜひとも取材させていただこうと思います。

 

--今回の石垣島の旅は、3泊4日全ての天候が曇りだったというアンラッキーなスケジュールだったとお聞きしました。

shou:残念でしたねぇ。石垣は何回か訪れてるので、今回は離島を攻めようと思っていたので、日によっては雨も降ったりで、せっかく買ったGoproでの撮れ高あんまり稼げなかったです。

--いやいや、シュノーケルしてる動画やバイクに乗ってる動画とか、すごく良かったですよ!

shou:シュノーケルも波照間島でやってたんですけど、うねりが入っててあまり沖までいけず、浅瀬でシュノーケルすることくらいしかできなくて、浅瀬だとサンゴが白化してて魚も少なかったんですよね。

晴れてうねりも少なければ、波照間島はすごくシュノーケル楽しめる場所だとポテンシャルを感じましたね。バイクも当日まで乗る予定なかったんで、バイク用のマウント(goproを固定する器具)を用意してなかったんですよね。

あー、もったいない(苦笑! 手ぶれとかの次元じゃない!笑 けど少しでも現地の感じを体感できれば!

--十分、現地の雰囲気を感じ取れましたよ!そして、今回はshouさんが行った離島のひとつ「波照間島」にフォーカスを当てていこうと思います。

 

本記事の内容

  • 波照間島アクティビティ(スノーケリング&ツーリング)
  • はてるまカフェタイム

 

スポンサードリンク

波照間島

ニシ浜①

ニシ浜

 

日本最南端の島。石垣離島ターミナルから船でアクセスできる。88の星座の中84の星座が確認できる星空に一番近い島とも有名です。シュノーケルのポイントとしても有名。

 

--写真を見る限り、割といい晴れ具合に見えますが

shou:当日結構風が強くて、雲の動きが早かったんでたまたま雲が途切れてる時に撮れた一枚です。あと、風がと良かった分うねりも入ってて、波照間島までの行きの船。結構揺れました。

一緒に乗ってた友人や外国人の方たちは、バタンキューしてましたね。僕もあともう少し乗っていたらやばかったです笑! 船酔いには「唐辛子」や「氷」とかを食べると軽減されるのでお試しください。酔い止めは事前に。。

--船酔いは人によっては二日酔いよりキツイですからねぇ。

ニシ浜②

ニシ浜②

ニシ浜③

ニシ浜③

 

--曇ってても、「ハテルマブルー」は色褪せませんね!

 

 

shou:ちょっとサンゴの白化が見られて魚も少ないですが、もう少し沖まで出れれば、サンゴも魚もいそうな雰囲気でした。うねりが強くて断念。。

 

原チャでツーリング

 

--波照間島での移動手段は「レンタカー」や「レンタルバイク」「レンタルサイクル」とありますよね!

shou:僕らは「レンタルバイク」で島中を駆け巡りました。曇りとはいえ30度近く気温があったので、バイク移動はすごく気持ちよかったです。

波照間で原チャ

波照間で原チャ

 

--いやぁ、これは絶対気持ちいいやつですね!

shou:カチャカチャうるさいのは許してください。笑。沖縄の暖かい気候をバイクで駆け抜けるのは本当に気持ちいいです。次に波照間島をもう一度訪れたら、また原チャですね!!

 

星空観測タワー

星空観測タワー

コート盛

コート盛

 

--星空観測タワーは入って星空見たんですか?

shou:曇りで星空見えなかったんで、建物撮って次〜。

--「コート盛」は見晴台で有名ですね!

shou:見晴台だったんですね。なんかのモニュメントかと。笑

--登って、周りを見渡したりとかは??

shou:笑

 

ココちゃん

ココちゃん

 

--波照間島にはヤギがわりかしいるらしいですが、その中にもアイドルがいるなんてお初です。

shou:頭突きしてくるアイドルなんて、東京にもいないですからね笑!

 

ランチは「ひまわりcafe」

ひまわりcafe

ひまわりcafe

ひまわり昼食

ひまわり昼食

 

--波照間島もいくつかカフェや食堂がありますが。お食事はどこですませましたか?

shou:ランチ手前くらいの時間帯に「ひまわりcafe」を利用させてもらいました。古民家を改装したカフェで雰囲気がたまらなかったですね。昼食のプレートも船酔い気味の体に優しかった。笑

 

PR

旅行の予約は楽天トラベル

終わりに

--写真に動画に色々とありがとうございます。波照間島について最後の一言お願いします。

shou:石垣島から波照間島からの舟便は欠航率が高めですが、火・木・第2・4金・土曜日、運航している「貨客船フェリーはてるま」は天候や海の荒れに影響なく運航してますので、これをうまくスケジュールに合わせれば、ほぼほぼ波照間島に行けると思います。

僕らが行った時は天候も悪く、うねりも入って当初の計画通りにはいかなかったんですが、万全の波照間島だったらもう間違いなく最高の自然を体感できる場所だと感じましたので、皆さんは是非、いい時期を選んで行ってみてください。笑。

それと晴れるおまじない「カムイ・ポプニカ・アーホイヤ」というのがあるって、地元に帰って言われました。それ!早く言ってッ!笑 アイヌ語で「神様天気をお願い」という意味らしいです。次の旅行には祈りまくらなければッ!!

 

関連記事 国内のホテルや旅館|宿泊施設を探すのに役立ちサイトまとめ

関連記事 体験・アクティビティ|旅行や週末に遊びやレジャーを予約できるサイト【おすすめ5選】

 

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事