GoPro「Jaws(ジョーズ)」の使い方|フレックスクランプで汎用性が高い

GoPro使っている人
外でGoPro撮影する時、撮影アングルを色々変えたいから、簡単に取り外しできるGoProアクセサリーないかなぁ

 

アングルを色々変えたい時のGoPro撮影って、あまりがっつり固定する系のGoProアクセサリーだと付け外しがメンドくさくなってしまいますよね。

今回、紹介するフレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」は、GoProをクランプして取り付けできるので、非常にGoProの位置を変えたり、アングルを変えたりするのに便利です。

くねくね自由に曲がるネックに加え、えんぴつですらしっかり掴んでくれるフレックスクランプは、多くの状況に対応出来ます。

それでは、フレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」を詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

GoPro「Jaws(ジョーズ)」の使い方|フレックスクランプで汎用性が高い

おすすめなポイント

  • 色々な場面で使いやすい
  • 曲がるネックは、取り外しも可能
  • クランプは、直径0.6~5cmのものに固定できる

今回、紹介するのはフレキシブルで使いやすいフレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」です。

 

フレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」

フレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」

ネックとクランプは外せる

ネックとクランプは外せる

 

ジョーズは、自由に曲げられるネックに、はさめる直径を変えられるクランプが合わさったGoProアクセサリーです。

ネックとクランプは、外せる仕様になっているので、状況に合わせて、個別に使ったり、他のGoProアクセサリーと組み合わせる事ができます。

 

ジョーズのセット内容は、以下のようになっています。

Jaws(ジョーズ)のセット内容
  • ジョーズ(フレックスクランプ)
  • 調節式ネック

それでは、ジョーズを詳しくみていきましょう。

 

はじめに:チュートリアルビデオ

字幕機能で「日本語翻訳」を選ぶと日本語の字幕がつきます。

こちらは、GoPro公式のジョーズのチュートリアルビデオです。ジョーズの使い方を学べるので、ぜひチェックしてみてください。

自転車のハンドルバーにつけたり、テーブルに固定したり様々な場面で使えるのがジョーズの特徴です。

それでは、基本的な使い方をみていきましょう!

 

ジョーズの基本的な使い方

ポールにジョーズをクランプする

ジョーズをポールにマウント

ジョーズをポールにマウント

 

ジョーズのスタンダードな使い方といえば、道沿いにあるポールなどにセットして、夕日を撮影するなどが代表的です。

 

ネックを外したジョーズ(その1)

ネックを外したジョーズ(その1)

ネックを外したジョーズ(その2)

ネックを外したジョーズ(その2)

 

ネックを外しクランプのみの撮影も便利です。

 

ジョーズを細い棒にクランプする

細い棒にジョーズをクランプする(その1)

細い棒にジョーズをクランプする(その1)

細い棒にジョーズをクランプする(その2)

細い棒にジョーズをクランプする(その2)

 

ジョーズのフレックスクランプは、直径0.6-5cmまでを掴めるので、このような細い棒をクランプすることができ、便利です。

 

ジョーズのストラップを調整

ジョーズのストラップを調整

 

ジョーズのフレックスクランプは、このようにクチを開ける状態にすると、中のストラップを調整することができ、それによって、掴める直径を調整できます。

クランプ系のアクセサリーのひとつ、ポールマウントが最小の直径が0.9cmですから、驚くべき柔軟性です。ちなみにジョーズだとえんぴつでもクランプできます。

頑丈なクランプで様々なアングルに対応できる「ポールマウント」と「チューブマウント」

 

ボールペンにジョーズをクランプ

ボールペンにジョーズをクランプ

ボールペンにジョーズをクランプ

 

えんぴつがなかったので、ボールペンにジョーズをクランプ。

これ、意外と重い。字を書くとかままならない状態。しかし、もしかしたら、素敵な映像撮れるかも!?

 

車のサンバイザーにジョーズを取り付け車載カメラ

ジョーズのフレックスクランプで車載

ジョーズのフレックスクランプで車載

 

車のサンバイザーにジョーズのフレックスクランプだけを取り付ければ、車載カメラとしても使えます。

 

バイクにも簡単に取り付けられる

ハンドルバーにジョーズ

ハンドルバーにジョーズ

 

バイクのバーハンドルにジョーズを装着すれば、正面 撮りや自撮りも簡単に撮影することができます。

 

バイクのハンドルバーにジョーズをつけて撮影した動画

上の動画は、実際にジョーズをバイクのハンドルバーにつけて撮影した動画です。手ブレは、流石のGoPro HERO7。あまり目立ちません。

しかし、バイクでの映像ですので、風切り音が目立ってしまっていますね。これはばっかりは仕方ないので、スポンジカバーをつけるなどすると風切り音を、多少減らすことができます。

あと、少し気になるのは、ジョーズのネックがきしむ音。この対策は難しいと思うので、音を抜いて、映像素材のひとつとして、使うことをオススメします。

 

関連記事動画撮影の風切り音対策してますか?スポンジカバーでウィンドジャマー【録音ノイズ軽減】

ジョーズのネックでハンドグリップ

ジョーズのネックでハンドグリップ

ジョーズのネックでハンドグリップ

 

ジョーズのフレックスクランプを外して、ネックだけを使えば、写真のようにハンドグリップとして使えます。

 

ジョーズのネックは、他のGoProアクセサリーと組み合わせられる

ジョーズのネックとエルグランデを組み合わせる

ジョーズのネックとエルグランデを組み合わせる

 

ジョーズのネックは、クイックリリースベースになっているので、クイックリリースマウントになっているGoProアクセサリーなら、こうやって組み合わせることが出来ます。

今回は、エルグランデを使いましたが、ジョーズのネックは、自由に曲げることもでき、さらに延長効果になるので、他のGoProアクセサリーの拡張化が狙えます。

 

関連記事GoProとの相性バッチリ!最大97cmの延長ポール「El Grande(エルグランデ)」

マイクスタンドにもジョーズは相性バッチリ

コンデンサマイクとジョーズ(その1)

コンデンサマイクとジョーズ(その1)

コンデンサマイクとジョーズ(その2)

コンデンサマイクとジョーズ(その2)

 

卓上のマイクスタンドには、重さの関係で使えないかもしれませんが、通常のマイクスタンドであれば、ジョーズを取り付けられます。歌の映像を撮る方におすすめです。

その他に演奏の撮影をサポートしてくれるアクセサリーを気になる方は、こちらの記事もチェック

GoProで楽器の演奏を撮影できるマウントやアクセサリーのまとめ

 

ギターのヘッドにジョーズをクランプ

ギターのヘッドにジョーズをクランプ

ギターのヘッドにジョーズをクランプ

 

ギターやベース、ウクレレなどの弦楽器であれば、ヘッドにクランプすることができます。演奏動画を撮影する方にも便利です。

弦楽器のヘッドにつける同タイプのクリップ型楽器マウントも便利でおすすめです。

 

関連記事楽器の演奏を撮影するのに便利!Dovewillの「クリップ型楽器マウント」

楽器マウントにネックだけ使う

楽器マウントにジョーズのネックを使う

楽器マウントにジョーズのネックを使う

 

楽器マウントにジョーズのネックを使って、撮影するといいアングルで撮影できます。

 

関連記事様々な楽器に取り付けられる「着脱式楽器マウント」

ドラム(電子)にも取り付けられる

電子ドラムのスタンドにジョーズを固定

電子ドラムのスタンドにジョーズを固定

 

電子ドラムのスタンドに固定しました。生ドラムの場合は、シンバルスタンドやタムホルダーなどに固定してみると面白いかもしれません。

 

オススメのサードパーティ:Sametop Jaws

左:純正 右:サードパーティ

左:純正 右:サードパーティ

GoPro純正アクセサリーとの比較
  • クランプできる直径は、0.6~5cmで同じ
  • ネックの長さが純正より、3cm長い
  • 品質感は、純正の方に軍配

ここで、サードパーティ製のSametopの「Jaws」とGoPro純正のジョーズを比較していますので、参考にしてください。

やはり、品質感はGoPro純正のジョーズの方が良いです。それに加えフレックスクランプのクランプ力も純正の方がしっかりしています。

しかし、SametopのJawsもかなり出来がよく、ネックの部分に至っては、純正より3cm長い18cmになっています。(純正は15cm)

品質感は負けているものの。それ以外は純正に劣らない出来なので、サードパーティ製で購入を考えている方は、こちらもオススメのGoProアクセサリーです。

 

【まとめ】かなり利便性の高いジョーズ

ジョーズはクランプをかませるだけで、GoProを簡単に固定できるので、撮影のアングルを細かく変えたい方に特におすすめです。

フレキシブルで使いやすいジョーズを使って、まだ誰も撮っていない写真や映像を撮りに行きましょう。それでは、楽しいGoProライフを!

 

ご購入はこちら

CheckAmazonで「ジョーズ関連アクセサリー」の商品一覧を見る
 

次に読みたい記事

 

 

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

おすすめの記事