楽器の演奏を撮影するのに便利!Dovewillの「クリップ型楽器マウント」

楽器を演奏している人
楽器の演奏しているところをGoProで撮影したいなぁ

楽器の演奏をしているところをGoProで撮影したいけど、どのアクセサリーがおすすめなのか。

特にギターなどの弦楽器を弾く方におすすめしたいのが、Dovewillの「クリップ型楽器マウント」です。ギターのヘッド部分に取り付ければ、簡単に演奏しているところを撮影できます。

また、クリップタイプのアクセサリーなので、掴める場所があれば、それだけでGoProを装着することができるので、アイディア次第で色々と活躍してくれます。

それでは、「クリップ型楽器マウント」を詳しくみていきましょう。

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

楽器の演奏を撮影するのに便利!Dovewillの「クリップ型楽器マウント」

おすすめなポイント

  • 楽器撮影に便利なアクセサリーなので、楽器奏者におすすめ
  • クリップ型なので、はさめる場所があれば、どこでもGoPro
  • 調節可動域が多いので、アングル調整が簡単

今回、紹介するGoProアクセサリーは、楽器の演奏を撮影するのに便利なDovewillの「クリップ型楽器マウント」です。

 

クリップ型楽器マウントの全体

クリップ型楽器マウントの全体

調節可能の部分が多いのでアングル調整ができる

調節可能の部分が多いのでアングル調整ができる

 

クリップ型楽器マウントは、クリップ部分で楽器をはさんで、楽器の演奏を撮影できるマウントです。

直径3cmまで、掴むことができます。自由自在に動かせる可動部分がたくさんあるので、撮影アングルをお好みに合わせることができます。

その他に演奏の撮影をサポートしてくれるアクセサリーを気になる方は、こちらの記事もチェック

GoProで楽器の演奏を撮影できるマウントやアクセサリーのまとめ

 

それでは、クリップ型楽器マウントを詳しくみていきましょう。

 

クリップ型楽器を詳しくみてみよう!

調節ネジを回せば、自由自在にアングルを変えられる

調節ネジを回せば、簡単にアングルを変えられる

調節ネジを回せば、簡単にアングルを変えられる

 

クリップ型マウントは、調節ネジを回せば、好きなアングルに変えることができます。

 

直径3cmまでしっかり掴んでくれるクリップ

最大3cmまでしっかり掴むクリップ

最大3cmまでしっかり掴むクリップ

クリップ型楽器マウントにGoProを装着

クリップ型楽器マウントにGoProを装着

 

クリップ部分は、最大3cmまでしっかり掴むことができます。滑り止めにもなっているので、滑って落ちることを防いでくれます。

 

各パーツは、取り外しが可能で長さ調節ができる

パーツを外して長さ調整も可能

パーツを外して長さ調整も可能

 

ネジを外せば、各パーツが外せるので長さ調整も可能です。

 

楽器にクリップ型マウントを試してみた

アコギにGoProを装着した様子

アコギに楽器マウントでGoProを装着

アコギに楽器マウントでGoProを装着

 

ギターなどの弦楽器は、ネックに楽器マウントを装着できます。

似たGoProアクセサリーにジョーズがあります。こちらもギターのヘッドにGoProをマウントすることができます。

 

関連記事フレキシブルで使いやすいフレックスクランプ「Jaws(ジョーズ)」

楽器マウントから撮影した演奏した様子

このアングル中々かっこいいですよね。ギターのボディ側にGoProをマウントをしたい方は、貼り付けタイプの楽器マウントがおすすめです。

 

関連記事様々な楽器に取り付けられる「着脱式楽器マウント」

ウクレレにGoProを装着した様子

ウクレレのヘッドに楽器マウント

ウクレレのヘッドに楽器マウント

ウクレレのヘッドに楽器マウント(別角度)

ウクレレのヘッドに楽器マウント(別角度)

 

ギター同様にウクレレにもバッチリです。

 

三線にGoProを装着した様子

三線のヘッド(チラ)にも楽器マウントで装着可能

三線のヘッド(チラ)にも楽器マウントで装着可能

湾曲している部分もしっかり掴んでくれます

湾曲している部分もしっかり掴んでくれます

 

三線みたく、ヘッド部分のチラが湾曲しているもしっかり固定して掴んでくれます。

 

ドラム(電子)にGoProをつけた様子

電子ドラムに楽器マウントを取り付ける

電子ドラムに楽器マウントを取り付ける

ドラムスタンドに固定させています

ドラムスタンドに固定させています

 

今回は、電子ドラムにつけましたが、生ドラムであれば

  • シンバルスタンド
  • タムホルダー

などに取り付けてみるといいかも。ドラムの震動で手ブレしないかは、スタジオに入ったら検証してみます。

 

【まとめ】楽器以外でも活躍

通常の正面撮りのカメラアングルで演奏を撮影するのは基本ですが、ギターのヘッドからの撮影アングルもひとつの映像のスパイスとして加えてみると、映像のバリュエーションが増えます。

また楽器に以外にも、色々と使えるアクセサリーです。音楽も楽しみながら、GoProライフも楽しんでいきましょう。

ご購入はこちら

CheckAmazonで「クリップ関連アクセサリー」の商品一覧を見る

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事