オススメのWordPressテーマ6選【ブログをおしゃれに】

初心者ブロガー
ワードプレスのテーマ多すぎ、どれ選べばいいかわからない!とりあえず、スタンダードなテーマってどれなの?

ワードプレスを始めると、その膨大なテーマが広がっているので「どれを選んでいいか」わからなくなりますよね。

当サイトも「コクーン→スワロー→ダイバー」とワードプレステーマを変更してきました。ワードプレステーマを選ぶ基準として、日本製のワードプレステーマを選ぶことをオススメします。

ワードプレステーマは大きく分けて2種類に分けられます。

  • 海外製
  • 日本製

海外製は、見た目もおしゃれでデザイン性が優れていますが、元々はアルファベットで構成されたブログをターゲットに作られているので、海外製のテーマに日本語を当てるとイメージ通りのデザインにならないことが多いです。

それに加え、海外製のテーマは国内でのカスタマイズ記事が少ないので、テーマをカスタマイズしたいときにグーグル検索をしても、中々、目当ての記事が見つからないケースがあります。

shin
特にワードプレス初心者さんは、しっかりとしたマニュアルがないと設定が色々しんどいです。。

 

それに比べ、日本製のテーマであれば、基本的にマニュアルもありますし、有名なテーマであれば、そのテーマについて書かれた記事が豊富にあるので、テーマをカスタマイズするのにとても役立ちます。

日本製テーマの特徴

  • 日本語のマニュアルがある
  • カスタマイズ記事がネット上にある

これらを含め、僕がワードプレステーマを色々と検討してきた中から、オススメのワードプレステーマを紹介します。

 

本記事の内容

  • 無料でオススメのワードプレステーマ
  • 有料でオススメのワードプレステーマ

shin
テーマ選びに迷ったら、「お気に入りのブロガーさんと同じテーマ」でもいいと思います!

 

スポンサードリンク

WordPressオススメのテーマ【無料】

■無料テーマのメリット

  • 無料
  • 種類豊富

■無料テーマのデメリット

  • デザイン性が欠ける
  • カスタマイズ性が低い

今回、無料テーマで「日本製」「サポート手厚い」「実用性」を考慮した時にオススメ出来るのは、「コクーン」というワードプレステーマです。

テーマを無料で始めたい方は、僕もブログの立ち上げ当初に使っていたコクーンがオススメです。

 

Cocoon(コクーン)

価格 無料
使いまわし 使いまわしOK
販売サイト https://wp-cocoon.com/

無料のワードプレステーマで、ここまで機能が充実してるのは本当に珍しいです。

僕も今の有料のテーマを使うまでは、コクーンを使ってました。海外製は本当にオシャレで魅力的なんですが、デモサイトに近づけるには、写真のサイズを合わせたり、色々大変なので、ブログ記事に集中したい人は、無料テーマでしたら、コクーンがおすすめです。

WordPressテーマ「コクーン」はこちら

 

WordPressオススメのテーマ【有料】

■有料テーマのメリット

  • デザイン性よし
  • カスタマイズ性よし
  • SEO対策ばっちし
  • サポート系ばっちし

■有料テーマのデメリット

  • 有料(8000~18000円)

    有料テーマは、ブログやメディア運営を長くやっておきたいと思っている方なら、導入すべきだと思います。

    デザイン性、カスタマイズ性、ユーザビリティなどを考慮すると、間違いなく無料テーマより向上します。

    ブログ記事の本数が増えてくると、無料テーマから有料テーマに変更した時に、ショートコードの変更や記事をリライトするなど作業が増えてしまうので、これからWebメディアをしっかりと運営していきたい方は、早めのうちに有料テーマを導入することをオススメします。

    それでは、オススメの有料ワードプレステーマを紹介していこうと思います。

     

    Diver(ダイバー)

    価格 ¥17,980
    使いまわし 複数サイト利用可
    販売サイト https://tan-taka.com/diver/

    当ブログでも使用しているテーマ「ダイバー」は、とてもオススメできるワードプレステーマです。

    価格は、17,980円と今回紹介するワードプレステーマの中で一番高い価格ですが、それ以上を補うほどの機能性、デザイン性、カスタマイズ性を持ったテーマです。

    【Diver】人気なWordPressテーマ「ダイバー」を使ってみた感想をまとめてみた」の記事でダイバーの魅力をまとめているので、合わせて読んでください。ブログコンテンツを高めたい方は、使ってみるべきワードプレステーマです。

    WordPressテーマ「ダイバー」はこちら

     

    Swallow(スワロー)

    価格 ¥9,900
    使いまわし ひとつのサイトのみ使用可
    販売サイト https://open-cage.com/swallow/

    僕のブログで、以前使っていたテーマ「スワロー」です。

    スタイリッシュで、豊富過ぎない激選された機能のみが備わっているので、多機能すぎるゆえに使いきれないみたいなこともなく、記事執筆もデザインもストレスなく使用できます。

    ブログを始めたての初心者の方は、こういった多機能ではなく、シンプルなテーマを使って、ブログコンテンツのチカラを高めていくといいでしょう。

    WordPressテーマ「スワロー」はこちら

     

    Stork19(ストーク19)

    価格 ¥11,000
    使いまわし ひとつのサイトのみ使用可
    販売サイト https://open-cage.com/stork19/

    こちら、上記で紹介した「スワロー」を制作している会社「OPENCAGE(オープンケージ」が作った「ストーク19」です。今回、紹介してる2つのテーマ以外にも魅力的なテーマを開発してるので、覗いてるだけでも楽しいWeb会社です。

    ストーク19は、スワローをさらに多機能にしたのが「ストーク19」だと思っていただければ間違いないです。有名なブロガーさん達がよく愛用して使っています。

    WordPressテーマ「STORK19」はこちら

     

    Sango(サンゴ)

    価格 ¥10,800
    使いまわし 複数サイト利用可
    販売サイト https://saruwakakun.design/

    サルワカ」というデザイン系のサイトを運営している、サルワカさんが制作されてるテーマ「サンゴ」です。

    めちゃくちゃ、優しいデザイン性。ひとつひとつの機能のデザインも優しい。優しすぎるワードプレステーマです。僕がまた別にサイトを立ち上げるなら、ぜひ使ってみたいテーマです。

    WordPressテーマ「サンゴ」はこちら

     

    JIN(ジン)

    価格 ¥14,800
    使いまわし 複数サイト利用可
    販売サイト https://jin-theme.com/

    もしかすると、今ブロガーさん達の中で1番人気あるテーマなんではないかと思ってしまうほど、このテーマを使ったブログが多いテーマ「ジン」です。

    やはり、その人気に沿うデザイン性とユーザビリティ性は圧巻です。このテーマを使えば、それなりの記事の完成度でも、グンっとレベルが上がった仕上がりになります。

    WordPressテーマ「ジン」はこちら

     

    まとめ

    僕は、無料テーマの「コクーン」で記事を書いて、書きなれたら、割とすぐに有料テーマ「スワロー」に移行しました。ブログ記事を100本書いたあたりからは、カスタマイズ性の優れた「ダイバー」に移行しました。

    当ブログのテーマ変更の様子

    ブログ立ち上げ「コクーン」
    記事5本で「スワロー」
    記事100本ほどで「ダイバー」

    ワードプレステーマは、それぞれのテーマに個性があるので、あなたのやりたいことに合わせて、テーマを選んでいくことが大切です。

    shin
    ひとつのテーマを選んで、「そのテーマでブログを続けないといけない」なんてルールはないので、色々なテーマを経験してみるのもいいと思います!

    お気に入りのテーマでサイト運営するのは、とても楽しいことなので、お気に入りのテーマを探し出してみてください。

     

    WordPressテーマ一覧
    コクーン ダイバー スワロー ストーク19 サンゴ ジン
    価格 無料 ¥17,980 ¥9,900 ¥11,000 ¥10,800 ¥14,980
    使い回し × ×
    特徴 無料で高機能 高機能 シンプル おしゃれ デザイン性抜群 ユーザビリティ高
    スポンサードリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事