キーワードプランナーの始め方【Google広告に登録する手順を解説します】

ブロガーマン
キーワード選定で便利な無料ツール「キーワードプランナー」って、どうやったら使えるの??

 

キーワードプランナーは、Googleが提供するキーワード分析ツールです。

主な機能に、検索ボリュームを調べられたり、新しいキーワードの候補探せたり、競合サイトのキーワードを調べられたりと無料とは思えないほど高機能が満載です。

 

本記事の内容

  • Google広告への登録手順
  • キーワードプランナーの始め方

キーワードプランナーを使うには、「Google広告」にリスティング広告を一度出稿しなくてはなりません。本記事では、そのGoogle広告からリスティング広告の設定。キーワードプランナーを使用できる所までを説明します。

shin
一見、難しい内容にも思えますが、手続きは簡単なので、キーワードプランナーを使うために少し頑張ってみましょう!

 

スポンサードリンク

キーワードプランナーの始め方【Google広告に登録する手順を解説します】

キーワードプランナーを使うために必要なモノ

  • ウェブサイト
  • クレジットカード

キーワードプランナーを使うためには、Google広告で一度「リスティング広告」を出稿しなくてはなりません。

 

リスティング広告の例

 

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、検索エンジン「Google」や「yahoo!」などでキーワード検索するとページ上部に出てくる広告のことです。

「Google広告」では、このようなリスティング広告や、YouTubeの動画広告などの広告を出稿できます。

リスティング広告は、クリックされる度に課金される仕組みになっているため。クレジットカードの登録が必要になってきます

Google広告に必要になってくるもので「クレジットカード」の登録が必要になってくるのはこのためです。今回はキーワードプランナーを使えるために、仮でリスティング広告を出稿するため、料金がかかることは一切ありません。

 

ブロガーマン
じゃあ、リスティング広告を仮に出すためにクレジットカードを登録するけど、お金はかからないってことだね

shin
正確にいうと、リスティング広告を出して、お金が発生する前に広告を停止するということ。この作業をしないとキーワードプランナーが使えないので、少し大変かもしれませんが、トライしてみましょう!

 

Google広告でリスティング広告を出稿する手順

手順①:グーグル広告にアクセス

Google広告」にアクセスし今すぐ開始をクリックする。

この時に、Googleアカウントのログインを要求されます。複数のアカウントを持っている方は、アナリティクスやサーチコンソールと紐付けしているアカウントで登録しておくと、あとあと設定が簡単になります。

 

手順②:広告の目標を選択

ここでは広告運用の主な目的を聞かれるので、「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択し、「次へ」をクリックします。

 

手順③:ビジネスの名前を記入

ビジネスの説明では、「ビジネスの名前(ブログ名や会社名)」と「ウェブサイト(サイトのURL)」を記入します。

 

手順④:ターゲットとするユーザーの所在地の設定

ターゲットとするユーザーの所在地の設定では、広告を出稿した時に、広告を表示する地域を選択できます。この設定は後から変更可能なので、「日本」のままで「次へ」をクリックします。

 

手順⑤:キーワードテーマの設定

キーワードのテーマの設定では、どの検索キーワードで広告を表示されるかを選択します。

ここで表示される「キーワードのテーマ」は、ブログそれぞれ異なります。僕のブログをアクションカメラである「GoPro」を扱った記事が多くあるので、候補として表示されています。

今回は、そのまま提案されている「キーワードのテーマ」のまま「次へ」をクリックします。

 

手順⑥:広告を作成する

広告を作成するでは、実際にGoogleで表示される広告を記入していきます。

ここでは、キーワードプランナーを使えるようにするための仮広告なので、あなたのブログの記事をなんでもいいので、選んでもらい、その記事の広告を作成します。

shin
仮広告ですが、リスティング広告を出稿する練習にもなるので、お気に入りの記事を選んで、記入してみてください!

 

「見出し分①~③」と「説明文①~②」を全て記入します。そうすると、右上のプレビューボックスに内容が反映されます。

最後に「広告のリンク先ページ」にURLを記入します。

 

手順⑦:広告の予算を設定する

ここでは広告の予算を設定できます。

広告が完全にGoogleに出稿される前に、広告を停止するので、どのプランを選んでもらっても構いません。「予算を自分で入力」のボタンを押すと任意の予算を設定できます。

最低予算は「1日200円」からになっています。

 

手順⑧:キャンペーン設定の確認

キャンペーン設定の確認では、広告の主な内容を確認でき、編集したい場合は変更できます。

今回は、特に設定を変更することなく、「次へ」をクリックします。

 

手順⑨:「名前と住所」や「クレジットカード」を登録する

お支払い情報の確認では、「名前と住所」「クレジットカードの登録」を記入します。

アカウントの種類は、「ビジネスか個人」を選択できるので、個人を選択します。会社や個人事業主はビジネスを選択しましょう。

利用規約を読んで、「同意にチェック」して、「次へ」をクリックします。

 

手順⑩:グーグル広告の設定完了

これで、Google広告に広告出稿の手続きは終了です。

キャンペーンを確認をクリックして、広告の停止にうつります。

 

グーグル広告のキャンペーンを停止する方法

作成した広告を一時停止にする

Google広告に移動したら、先ほど作成した広告が「保留中(審査中)」になっているので、そこの部分をクリックします。

 

クリックすると「キャンペーンを一時停止する」と出てくるので、そちらをクリックします。

 

というポップアップが表示されますが、「キャンペーンを一時停止」をクリックします。

 

作成した広告が「一時停止」になっていれば完了です。

このようになっていると広告が停止している状態なので、クレジットカードに支払いを求められることはありません。

それでは、目的である「キーワードプランナー」を開く方法を説明します。

 

キーワードプランナー

エキスパートモードに切り替える

Google広告の上部に「設定」という項目があるので、そちらをクリックし、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

 

そうするとこのようなポップアップが出てくるので、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

 

「ツールと設定」からキーワードプランナーを選択

そうすると、Google広告の上部の欄に項目が増えます。

「ツールと設定」→「プランニング」→「キーワードプランナー」を選択します。

 

「申し込み」をクリック

「申し込み」ボタンをクリックします。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナーが表示されます。

Google広告からキーワードプランナーに移動する手間を減らすために「ブックマーク」しておくことをオススメします。

これで、キーワードプランナーの始め方の手順は以上になります!

 

まとめ

キーワードプランナーは、検索ボリュームを調べられたり、新しいキーワードの候補探せたり、競合サイトのキーワードを調べられたりと無料とは思えないほど高機能なツールです。

ぜひ、ブログのキーワード選定にお役立てください!

 

 

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事