写真や動画のデータ移行なら、AKINKのSDカードリーダーがおすすめ【汎用性が高い】

GoProのデータ保存や移動を悩んでる人
GoProの写真や動画を移動させる方法って何かあるのかなぁ

GoProから写真や動画をスマホに移行させるって、わりと時間かかりますよね。

そこで今回、僕が使ってるSDカードリーダーを紹介しようと思います。SDカードリーダーを使えば、GoProアプリ経由でデータを移行させるより、およそ2倍ほど時間を短縮できるのでおすすめですよ!

 

スポンサードリンク
【c】GoPro

写真や動画のデータ移行なら、AKINKのSDカードリーダーがおすすめ

おすすめなポイント
  • GoProアプリのWi-Fiで、写真や動画を移行するより2倍ほど早い
  • 4in対応で、iPhone・Android・パソコンでも移行可能
  • GoPro経由しないので、バッテリー消費を抑えられる

今回、僕がよく使ってる「AKINKのSDカードリーダー」をご紹介します。

 

AKINKのSDカードリーダー

AKINKのSDカードリーダー

 

詳しくは、あとで説明しますが、GoProのアプリで写真や動画を移行するより2倍ほど早くデータ移行できます。

さらにメリットを挙げると、GoProアプリを使ってデータ移行していると、GoProのバッテリーも消耗してしまいます。その点、SDカードリーダーを使えば、スマホなどとSDカードを直接データ移行できるので、無駄にGoProのバッテリーを消費しなくて済みます。

GoProを充電できる環境下ならば、問題ありませんが、GoPro使用してる時は野外だったりでバッテリーの消費を抑えたい場面だったりが多いですから、バッテリーを節約できるのは大きいと思います。

注意点:SDカード及びmicroSDカード容量は32GBまで対応しています。それ以上の容量は読み込まない場合があります。

僕が使ってるmicroSDカードのサンディスク64MBと128MBは、一応今のところ正常に使えていますが、32MB以上microSDカードを使用する予定の方はご注意ください。

 

4in対応で、iPhone・Android・パソコンでも移行可能

  • Lightning
  • Type-C
  • Micro USB
  • USB

 

上記が搭載されているので、お持ちになってるガジェットのポートに合わせて対応しています。

 接続ポートは4種類

接続ポートは4種類

microSDカードを差し込む

microSDカードを差し込む

 

クリアケースに入っているので、コネクタが傷つくのを防いでくれます。

 

パソコンやアンドロイドは、SDカードリーダーを差し込めば、そのままデータ移行できますが、iOSのiPhoneやiPadは、専用のアプリ「iUSB Drive」のインストールが必要です。

次は、その「iUSB Drive」について説明します。

 

専用のアプリ「iUSB Drive

iUSB Drive

iUSB Drive

Ping Chen無料posted withアプリーチ

 

iUSB Drive」は、わざわざAppleストアにアクセスしなくても、SDカードリーダーをそのデバイスに繋げれば、自動的に「iUSB Drive」のダウンロードページに移行してくれます。

 

「External」にアクセス

SDカードリーダーを差し込むと「External」にアクセスできるようになります。そこがSDカードのデータが入っている部分になります。

 

GoProのフォルダにアクセス

続いて、「DCIM→100GOPRO」に移動していきます。この「100GOPRO」に今まで撮影したGoProのデータが格納されています。

 

好きな表示に

GoProのフォルダにアクセスしている画像です。リスト表示(左)とグリッド表示(右)が選べるので、あなたの見やすい表示にします。

 

写真あるいは動画をmicroSDカードからダウンロード

右上に「編集」ボタンがあるので、それをクリックするとデータを選択できるようになります。そしたら、左下の「操作」ボタンをクリック。あとは「カメラロールへコピー」で、写真あるいは動画のデータを保存できます。

 

GoProアプリとSDカードリーダーのデータ移行時間差はおよそ2倍

 

View this post on Instagram

 

shinさん(@shin_1173)がシェアした投稿 -

今回、試しに移動した動画のデータは、34秒で245MBです。上記の動画は、その元データに編集を加えたものです!

  • GoProアプリ → 45秒
  • SDカードリーダー → 21秒

 

倍以上の移行時間差が出ましたね。これはより多くのデータ量を移行させるときに、わりとたくさんの時間の開きが出てくると思います。

なので、効率よくデータを移したい方は、SDカードリーダーの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

 

【まとめ】データ移しに便利なカードリーダー

もちろん、SDカードリーダーを使えば、スマホまたはパソコンから、SDカードにデータを移すことも可能です。

たくさんの写真や動画を撮影した時は、SDカードリーダーを使うと効率よくデータを移行できるので、時間の節約にも繋がると思います。動画編集しようと思ったときに、データ移行してる時間って本当にもったいないですからね!サクッとデータ確認して、サクッと次のGoProライフを楽しみましょう!

ご購入はこちら

CheckAmazonで「人気なカードリーダー」の商品一覧を見る

スポンサードリンク
GoProアクセは、公式サイトで半額で買おう!

GoPro純正品のアクセサリーやマウントは、「GoPro Plus」というGoProのサブスクサービスを利用するとGoProの純正品を半額で購入することができます。

やや、値段がはるGoProアクセを半額で、購入できるのはお買い得です。GoProは、それ単体でも十分に面白い撮影ができますが、GoProアクセを取り揃えることで、撮影の幅が広がります。

詳しくは、GoPro純正のアクセサリーやマウントを「半額でおトクに」購入する買い方【GoProPlus活用術】にまとめてあります。ぜひ、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事